発電 側 基本 料金。 驚愕の負担増_発電側基本料金についての解説

RE100とは、再生可能エネルギーによる事業運営を目標にする企業が加盟する枠組みです。 再エネを増やしていく事は社会のインフラを変えていく作業なので どうしても既存設備との間で様々なコストがかかってきます。 これに発電容量を乗じた金額が発電事業者の負担になる。

Next

「こんなことがまかり通れば、メガソーラーだけでなく地熱や風力などへの投資も減り、再生可能エネルギーの普及に急ブレーキがかかる」と大手のメガソーラー事業者は指摘する。

Next

つまりFIT電源についても、他の電源と一律にkW単位で発電側基本料金を求める。 こうした状況の変化を受けて、発電側にも送配電の維持のための費用を求めようという発想で導入が決められたのが発電側基本料金で、導入時期は2022年度の託送料金の改定プロセスを経て2023年度に、送配電側と発電側の負担割合は概ね9:1と想定されている。

Next

さすがにこれは論理の飛躍があり、問題になりそうですね。 ただし、実際の運用に関しては、小売電気事業者側の託送契約と発電側の逆潮をシステムで管理していないため、エリア別で料金が異なると考えられます。

Next

12月の資料ですが、 「FIT電源にかかる調整措置については下図のような転嫁の考え方も踏まえ、調達価格等算定委員会でご議論いただくこととしてはどうか」 と記載されています。 小売事業者は、送配電事業者が定める託送料金をふまえて電気料金を決定していますから、託送料金が上がれば、電気料金も上がる可能性が高いと言えます。 一方で、例えば太陽光発電であれば夜間は発電しないため、その間は系統設備が無駄になっており、費用負担が大きくなると考えられます。

Next

発電所で作られた電気は送電線などを伝って利用者に届く。 5円下げられるようなものです。 送配電網の維持管理費用の負担を公平化するとともに、再生可能エネルギーの導入拡大に備え、系統への設備投資の促進や利用効率の向上を後押しする狙いだ。

Next

そして調達価格等算定委員会が次に狙っているのは27円以上の高単価案件。

Next

新エネ財団の提言である「稼働率の低い太陽光と風力発電については、追加調整措置が必要」との要望は、こうした声を背景にしたものとみられる。 電気代で悩んでいる人は、電力会社のプラン見直しを! 値上がりが続く「再生可能エネルギー発電促進賦課金」はどの電力会社の電気料金プランを使っても変わりませんが、「基本料金」と「電力量料金」は自ら選び、最適なプランを使うことで電気代を安くすることが可能です。

Next