通勤 手当 税金。 「通勤手当」に対する税務上の規定

さっそくやよいの給与明細オンラインで作成した明細書をみてください。 原則として、 電車・バス通勤は最も経済的かつ合理的な経路及び方法で移動した場合の通勤定期券などの金額が支給され、 原則非課税とされており、非課税対象の1ヶ月あたりの 上限額は15万円と定められています。 この場合、通勤手当を1ヵ月単位に算出して非課税限度額を見極めるようにしてください。

Next

また、日常的な通勤において、 通勤距離、 通勤時間等を考慮した場合に「タクシーを利用して通勤すること」が「電車・バス等の交通機関を利用して通勤すること」に比べて「 合理的な通勤方法」に該当するということは 一般的には考えられません。

車両や自転車などの交通用具で通勤する人 車やバイク、原付、自転車は、通勤距離で非課税限度額が定められます。 車両や自転車などの交通用具で通勤する人• 通勤手当の支給のときに• 車両など交通用具は距離に応じて非課税限度額が変わるが、2㎞未満は全額課税• 異動や引っ越しに伴い通勤手当額が変わる場合も多いので、年末にまとめて確認しようと思うと、情報の抜け漏れが生じてミスが起こりやすくなってしまいます。 通勤手当は原則非課税です。

Next

非課税分を含んでしまうと、所得税を多く徴収してしまうことになるので、注意が必要です。

Next

例えば、病院での宿直のように、急患等への対応が予定されている場合には、軽微な労働ではなく、本来的な労働が予定されているので、課税対象となります。

例えば片道の通勤距離が60㎞で、うち30㎞が有料道路(通行料が5,000円)の場合、 31,600円(55km以上の非課税限度額)+5,000円=36,600円 となり、36,600円が非課税限度額です。 学資金の非課税制度について、会社が、優秀な学生に対して大学の学費等を貸与し、学生が卒業後にその会社に就職して一定期間勤続した場合には返済を免除するといった仕組みで運用することで、優秀な学生を早い段階で確保することが可能になります。 以下のようなルールがありますので確認しておきましょう。

まず、1つ目の要件は、 通常の賃金に加算して会社から支給されることです。 1日当たりの通勤手当を支給している場合は、月単位で算出する パートや日雇い労働者など、毎月の勤務日数にばらつきがある場合は、通勤手当を1日当たりの金額に置き換えて支給することがあります。 その「賃金総額」には、通勤費も含まれることになります。

Next

メニューの「従業員」から対象者をえらび、「給与情報」のタブを選択し、一番下に通勤手当の設定画面があります。

Next