ボクシング チャンピオン。 1度も負けなかった男たち 〜無敗のままリングを去った世界王者〜=ボクシング

一般のファンにとって、ボクシングの世界で誰が世界チャンピオンなのかを見分けるのは困難になってきている。

Next

2017年2月7日、WBAはWBA世界ウェルター級王者のをスーパー王座に認定した。 39人の世界王者が乱立 ボクシング主要団体のWBA(世界ボクシング協会)は、ミニマム級からヘビー級までの17階級で現在39人のチャンピオンを認定している。

Next

同級では2017年にテレンス・クロフォードが達成して以来2人目の快挙だ。 これによりボクシング界は4大ベルト時代を迎えることとなった。

Next

() 女子 [ ]• 日本では重量級は層が薄く、スーパーミドル級(76. 日本選手にとっては重量級だが世界的に見れば中量級のため、パワーとスピードを兼ね備える必要がありレベルが高い。

Next

史上最強男はアレもケタ違い! フロイド・メイウェザーをPFPに挙げましたが、 メイウェザーが歴代のボクサーの中でナンバーワンを誇るものがもう一つあります。

Next

世界挑戦すら難しいウエルター級は0人 スーパーライト級(63. ()、• 男子選手 [ ] 番号 名前 国籍 在位期間 王座 防衛 1 1952年5月19日 - 1954年11月26日 世界フライ級 4 2 1962年10月10日 - 1963年1月12日 1965年5月18日 - 1968年2月27日 世界フライ級 WBA・WBC世界バンタム級 0 4 3 1963年9月18日 - 1964年1月23日 1969年3月30日 - 1969年10月19日 WBA・WBC世界フライ級 WBA世界フライ級 0 0 4 1967年4月30日 - 1968年12月12日 WBA・WBC世界スーパーライト級 1 5 1967年6月15日 - 1967年12月14日 1970年4月5日 - 1971年10月10日 WBA・WBC世界スーパーフェザー級 WBC世界スーパーフェザー級 0 3 6 1967年12月14日 - 1971年7月29日 WBA・WBC世界スーパーフェザー級 6 7 1968年9月27日 - 1971年9月2日 WBA世界フェザー級 5 8 1970年10月22日 - 1973年1月25日 死亡により返上 WBA世界フライ級 5 9 1970年12月11日 - 1972年5月19日 1973年3月12日 - 1973年10月17日 1974年2月28日 - 1975年7月5日 WBC世界フェザー級 WBA世界スーパーフェザー級 WBC世界スーパーフェザー級 2 1 3 10 1971年10月31日 - 1974年6月4日 1975年1月21日 - 1975年6月7日 1976年2月17日 - 1976年5月18日 WBA・WBC世界スーパーウェルター級 WBA・WBC 世界スーパーウェルター級 WBA世界スーパーウェルター級 6 0 0 11 1974年4月11日 - 1976年5月8日 WBC世界ライト級 5 12 1974年10月1日 - 1975年1月8日 1980年5月18日 - 1981年5月12日 WBC世界フライ級 WBC世界フライ級 0 3 13 1974年10月18日 - 1975年4月1日 WBA世界フライ級 0 14 1976年10月9日 - 1976年11月24日 WBC世界スーパーバンタム級 0 15 1976年10月10日 - 1981年3月8日 WBA世界ライトフライ級 13 16 1978年8月9日 - 1979年10月24日 WBA世界スーパーウェルター級 3 17 1980年1月3日 - 1980年3月24日 WBC世界ライトフライ級 0 18 1980年8月2日 - 1981年4月9日 WBA世界スーパーフェザー級 1 19 1981年11月7日 - 1982年2月2日 WBA世界スーパーウェルター級 0 20 1981年12月16日 - 1983年7月10日 WBA世界ライトフライ級 5 21 1982年4月8日 - 1984年7月5日 剥奪 1984年7月5日 - 1986年3月30日 WBA世界スーパーフライ級 WBC世界スーパーフライ級 6 4 22 1982年4月13日 - 1982年7月20日 WBC世界ライトフライ級 0 23 1984年1月18日 - 1984年4月9日 WBC世界フライ級 0 24 1984年4月15日 - 1985年4月26日 IBF世界バンタム級 1 25 1986年7月24日 - 1987年7月22日 WBC世界スーパーライト級 1 26 1987年3月29日 - 1987年5月24日 WBA世界バンタム級 0 27 1987年10月18日 - 1988年11月13日 1991年12月17日 - 1992年11月18日 WBC世界ミニマム級 WBA世界ライトフライ級 2 2 28 1990年2月7日 - 1990年10月25日 1992年10月14日 - 1993年2月10日 WBC世界ミニマム級 WBA世界ミニマム級 1 0 29 1990年7月29日 - 1991年3月14日 WBA世界フライ級 1 30 1991年2月3日 - 1991年6月14日 WBC世界スーパーバンタム級 0 31 1991年9月19日 -1992年9月17日 1993年7月22日 - 1994年12月4日 返上期間あり 1997年11月22日 - 1998年12月29日 WBC世界バンタム級 WBC世界バンタム級 WBC世界バンタム級 0 0 2 32 1992年4月10日 - 1994年9月18日 WBA世界スーパーフライ級 5 33 1992年4月10日 - 1992年9月9日 WBA世界スーパーライト級 0 34 1992年6月23日 - 1997年11月12日 WBC世界フライ級 9 35 1993年10月30日 - 1998年5月16日 WBA世界ライト級 7 36 1993年12月23日 - 1995年7月30日 WBC世界バンタム級 4 37 1994年5月4日 - 1997年2月20日 WBC世界スーパーフライ級 6 38 1995年12月19日 - 1996年6月24日 WBA世界ミドル級 0 39 1996年5月21日 - 1996年12月3日 WBA世界ライトフライ級 1 40 1997年12月23日 - 1998年12月23日 WBA世界スーパーフライ級 2 41 1998年9月5日 - 1999年6月27日 2000年6月11日 - 2001年7月1日 WBA世界スーパーフェザー級 WBA世界ライト級 1 2 42 1999年3月18日 - 2000年10月9日 2003年10月4日 - 2004年3月6日 WBA世界スーパーフライ級 WBA世界バンタム級 暫定 2 0 43 2000年8月27日 - 2004年6月28日 2005年7月18日 - 2006年12月6日 返上 WBC世界スーパーフライ級 WBC世界スーパーフライ級 8 1 44 2000年12月6日 - 2001年4月16日 2002年1月29日 - 2002年7月29日 WBA世界ミニマム級 WBA世界ミニマム級 0 0 45 2001年3月11日 - 2002年3月9日 WBA世界スーパーフライ級 1 46 2001年8月25日 - 2001年10月22日 返上 2004年7月3日 - 2008年9月15日 WBA世界ミニマム級 WBA世界ミニマム級 0 7 47 2002年5月18日 - 2002年10月9日 WBA世界スーパーバンタム級 0 48 2004年1月10日 - 2004年12月18日 2005年8月6日 - 2007年11月29日 WBC世界ミニマム級 WBC世界ミニマム級 1 4 49 2004年6月28日 - 2005年7月18日 WBC世界スーパーフライ級 2 50 2005年4月4日 - 2005年8月6日 2006年11月7日 - 2007年4月7日 2013年3月30日- 2014年8月9日 2014年12月31日 - 2015年12月31日 2014年12月31日 - 2015年3月2日 返上 2016年8月20日- 2017年4月3日 返上 WBC世界ミニマム級 WBA世界ミニマム級 暫定 IBF世界ミニマム級 IBF世界ミニマム級 WBO世界ミニマム級 WBO世界ミニマム級 0 0 2 2 0 0 51 2005年4月16日 - 2010年4月30日 2010年11月26日 - 2011年4月8日 2016年9月16日 - 2016年12月 返上 WBC世界バンタム級 WBC世界フェザー級 WBC世界スーパーバンタム級 10 0 0 52 2006年1月29日 - 2006年7月30日 WBC世界フェザー級 0 53 2006年7月22日 - 2007年5月3日 2008年9月15日 - 2010年5月8日 WBA世界スーパーフライ級 WBA世界スーパーフライ級 1 2 54 2006年8月2日 - 2007年1月18日 返上 2009年11月29日 - 2010年3月27日 2010年12月26日-2013年12月6日 返上 WBA世界ライトフライ級 WBC世界フライ級 WBA世界バンタム級 1 0 8 55 2007年3月19日 - 2008年12月31日 WBA世界フライ級 4 56 2007年7月18日 - 2009年11月29日 WBC世界フライ級 5 57 2007年7月21日 - 2008年8月12日 返上 2008年11月28日 - 2009年10月10日 2014年12月30日 - 2016年9月24日 2016年9月24日 - 2018年5月12日 WBC世界フェザー級 WBA世界スーパーフェザー級 WBC世界ライト級 WBA世界ライト級 1 1 2 3 58 2008年5月19日 - 2009年1月3日 WBA世界ライト級 0 59 2008年9月15日 - 2008年12月20日 正規王座に認定 2008年12月20日 - 2012年3月15日 名誉王座に認定 WBC世界スーパーバンタム級 暫定 WBC世界スーパーバンタム級 0 7 60 2009年3月12日 - 2009年7月14日 2010年11月26日 - 2012年10月27日 WBC世界フェザー級 WBC世界スーパーフェザー級 0 3 61 2009年8月30日 - 2010年10月9日 WBA世界スーパーウェルター級 暫定 1 62 2010年1月11日 - 2015年2月21日 スーパー王座に認定 スーパー王者 2015年2月21日 - 2016年4月27日 WBA世界スーパーフェザー級 WBA世界スーパーフェザー級 9 2 63 2010年2月7日 - 2011年1月1日 返上 2013年9月3日 - 2014年3月19日 返上 WBA世界フライ級 IBF世界スーパーフライ級 2 0 64 2010年10月2日 - 2011年1月31日 WBA世界スーパーバンタム級 0 65 2011年1月31日 - 2011年7月9日 WBA世界スーパーバンタム級 0 66 2011年2月11日 - 2012年6月29日 返上 2012年6月20日 - 2012年10月5日 返上 2012年12月31日 - 2014年2月28日 返上 2015年4月22日 - 2017年11月9日 返上 2019年6月19日 - 在位中 WBC世界ミニマム級 WBA世界ミニマム級 WBA世界ライトフライ級 WBA世界フライ級 WBO世界スーパーフライ級 3 0 3 5 2 67 2011年8月31日 - 2012年4月4日 WBA世界スーパーフライ級 0 68 2011年10月24日 - 2012年6月20日 2013年4月8日 - 2014年9月5日 2015年12月29日 - 2017年5月21日 WBA世界ミニマム級 WBC世界フライ級 IBF世界ライトフライ級 0 3 2 69 2011年11月6日 - 2017年8月15日 WBC世界バンタム級 12 70 2012年3月27日 - 2013年5月3日 WBC世界スーパーフライ級 2 71 2012年7月16日 - 2013年4月8日 WBC世界フライ級 1 72 2012年12月31日 - 2013年5月6日 2014年3月26日 - 2016年8月31日 WBA世界スーパーフライ級 WBA世界スーパーフライ級 0 3 73 2012年12月31日 - 2013年12月 返上 WBA世界ミニマム級 2 74 2013年4月8日 - 2015年11月21日 WBC世界スーパーフェザー級 4 75 2013年8月1日 - 2013年11月29日 WBA世界フライ級 暫定 0 76 2013年8月1日 - 2015年4月24日 返上 2018年11月12日 - 2019年7月13日 WBO世界バンタム級 WBC世界スーパーバンタム級 暫定 3 0 77 2014年4月6日 - 2014年11月6日 返上 2014年12月30日 - 2018年2月28日 返上 2018年5月25日 - 2019年11月7日 スーパー王座に認定 スーパー王者 2019年11月7日 - 在位中 2019年5月18日 - 在位中 WBC世界ライトフライ級 WBO世界スーパーフライ級 WBA世界バンタム級 WBA世界バンタム級 スーパー IBF世界バンタム級 1 7 3 1 2 78 2014年12月31日 - 2017年12月31日 スーパー王座に認定 スーパー王者 2017年12月31日 - 2018年5月20日 2017年12月31日 - 2018年5月20日 WBA世界ライトフライ級 WBA世界ライトフライ級 スーパー IBF世界ライトフライ級 7 0 0 79 2015年5月30日 - 2016年4月7日 返上 2016年12月31日 - 2017年11月30日 返上 2018年9月24日 - 2020年1月31日(返上) WBO世界ミニマム級 WBO世界ライトフライ級 WBO世界フライ級 1 2 3 80 2015年11月28日 - 2016年3月4日 WBC世界ライトフライ級 0 81 2016年12月31日 - 2017年9月13日 IBF世界スーパーバンタム級 0 82 2017年2月26日 - 2017年4月11日 正規王座に認定 2017年4月11日 - 2017年8月27日 WBO世界ミニマム級 暫定 WBO世界ミニマム級 0 0 83 2017年4月9日 - 2017年9月3日 WBA世界スーパーバンタム級 0 84 2017年5月20日 - 在位中 WBC世界ライトフライ級 7 85 2017年5月20日 - 2018年4月14日 剥奪 WBC世界フライ級 2 86 2017年7月23日 - 2018年7月26日 返上 2018年12月31日 - 在位中 IBF世界ミニマム級 WBA世界ライトフライ級 スーパー 2 2 87 2017年7月28日 - 2018年9月24日 WBO世界フライ級 2 88 2017年8月27日 - 2018年7月13日 WBO世界ミニマム級 1 89 2017年9月13日 - 2018年8月16日 2019年12月7日 - 在位中 IBF世界スーパーバンタム級 IBF世界スーパーバンタム級 暫定 1 0 90 2017年10月22日 - 2018年10月21日 2019年7月12日 - 2021年1月6日 スーパー王座に認定 スーパー王者 2021年1月6日 - 在位中 WBA世界ミドル級 WBA世界ミドル級 WBA世界ミドル級 スーパー 1 1 0 91 2018年7月28日 - 2019年5月25日 WBO世界スーパーフェザー級 1 92 2018年12月30日 - 2019年11月7日 WBC世界バンタム級 暫定 0 93 2020年11月6日 - 在位中 WBO世界フライ級 0 この他に、が2014年にWBC世界フェザー級名誉王座を認定されている。 こういったアドバンテージを利用しない手はありませんが、逆に減量しすぎるがゆえに、体調をコントールするのも難しくなるというのも事実です。 10位・・9位・・8位・・と、こつこつランキングを上げて 頂点に立つことができれば、その団体の正規王者に認定されます。

Next

2016年2月27日、IBF世界スーパーバンタム級王者とWBA世界スーパーバンタム級王者と王座統一戦が行われ、12回2-1 2者が116-112、113-115 の判定勝ちを収めWBA王座を獲得、IBF王座は3度目の防衛に成功したフランプトンが王座統一した為スーパー王者となった。

Next

ミドル級は竹原慎二、村田諒太の2人 ミドル級(72. むしろIBFやWBOのチャンピオンが最強と目されるクラスも存在する。 62kg)は歴史が浅いものの、日本選手は層が厚いこともあって12人を数える。

Next