絵本 もこ もこもこ。 もこ もこもこ【みんなの声・レビュー】

よけいな言葉や装飾が一切ないのにもかかわらず、ページごとに繰り広げられる ドラマスティックな展開に子どもも興味しんしん! ストーリーは擬音とイラストによって進んでいくため、まだ言葉をちゃんと理解できない 0歳〜1歳の子どもでもぜんぜん楽しめますよ! 子供の反応は? ハルくん 1歳 男児: ページをめくるたびに、おおきな声で「あー!」とイラストを指さし(これなにー!?)(食べられちゃったよー!!)と教えてくれます。

Next

はじまりは「しーん」と静か。 点線は、ユーモアを感じさせもするが、 人によっては逆に不気味さを感じるかもしれない。

Next

その美しさと言葉のリズムを親子で一緒に楽しめる写真絵本。

背景の色もかなり変化したが、 それは「もこ」や「にょき」の出現によって空気の色、におい、気配まで緊張しているようにも感じる。 静と動が赤ちゃんにでもわかりやすいのでしょうか。

Next

ミズクラゲの足に当たる部分が、5本のやつと6本のやつがいることを、私は小さい頃からすでに知っていた。

Next

対象年齢:0歳〜 作者の谷川俊太郎さんは詩人として有名な方ですが、絵本も沢山作られてきました。 お好きなリズムで楽しく自由に読んで味わってください。 何だか分からないけど地面から出てきた「もこ」「にょき」。

Next