シサム 工房。 シサム工房 ウスデニム カシュ ワンピース

ですが、プラスチックなので付け心地は軽くて安心です。 是非、instagramからご覧ください。 4月がやってきましたね! 年度も替わって、少し新鮮な気持ちで 今日のブログを書いています。

Next

作家のTacさんは日本・世界各国を旅してきた中で、 様々な旅先で異文化にふれ、アクセサリーの技術を習得。 日常が楽しくなるアイデアばかりでした。 手仕事光る、木版プリントのショールと合わせて。

Next

小柄な女性がオーバーサイズできてもgood! そして驚くことに、分業ではなく、 お洋服1枚を、一人が担当して作っているんです! スリランカの小さな工房で 1枚1枚大切に、作られて、 手から手へ渡っていくお洋服。 カラバオホウキ 松野屋 ネパールちりとり スタッフの中でも愛用者の多いカラバオホウキ。

Next

例えば、お金ではなく、仕事を提供できること。 そんな気持ちを取り戻すことが、何より大切なのではないかと思っています。

Next

バックパッカー時代の水野さん 水野:心のどこかで、現地の人たちのことを「かわいそうな存在」として見ていたと思うんです。

Next

先日はしっかり春の予行練習をした気がします。

永く生活に寄り添う、お守りのような1点に出逢えるかもしれません。 かわいいトートやショール、 実は珍しいクッションカバーもあります。 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 冬のアクセサリー展 第3弾 ~旅するアクセ編~ 2. エコでサスティナブルなコルクの生活雑貨も入荷します。

Next

・レンタサイクル無料(レンタサイクルえむじか出町柳店) ・ケバブサンド(ぐるぐるカフェ) ・サボテン・多肉植物(棘屋) ・真鍮のしおり(toya) ・泡盛すきなだけ召し上がれ(村屋). 「これ、おじいちゃん、おばあちゃんが使ってたものなんだよ」 と、言ってもらえるような、世代から世代へ縁のあるアクセサリーを。 壁にかけてもおいても使えるレターラック。 シサムの秋冬アイテムと組み合わせて いろんな着こなしを試してみました! ジャケットをサッと羽織って、メンズライクな装いに。

Next