電線 音頭。 小松政夫は昔は伊東四朗との電線音頭で大ブレイクしていた!

所属事務所によると、小松さんは昨年11月に受診した健康診断後の精密検査で肝細胞がんが判明。 」をアレンジしたコールになっている。 でも、普通にお元気にされておられるようで、少し安心しましたね。

Next

小松の親分さんについて、筆者の印象に残っているのは伊東四朗さんのコンビですね。 なぜかわからないけど、落ち込んでいる親分の政夫ちゃんを、四朗ちゃんが慰めようと、「ズンズンズンズン、3、4、小松の親分さん!」ってやるわけ。

Next

こんなエピソードがバンバン出てくる本、一気に読んでしまった。

何かしらの形でこれまで楽しませていただいた感謝を伝える場が設けられるといいですね。 最近まで運転していたということもあり、まだまだ現役でコメディアンとして活躍されると思っていました。

Next

美術制作:佐藤隆男• 夜の太陽 - 2. 笑いごろ! しかし伊東、小松らにより歌詞が子供向けにアレンジされた「デンセンマンの電線音頭」として新たに収録された2作目のLPは空前のヒットとなる(因みに伊東と小松は「ドカンと-」とのレギュラーでもあった)。 」では、 「ベンジャミン伊東」に扮し、こたつの上で歌い踊るが、小学生を中心に一大ブームを巻き起こした伊東さんですが、 ちょうどその頃(1977年)、テレビドラマ 「望郷 日本最初の第九交響曲〜板東俘虜収容所物語」の出演オファーが来たそうです。 長年の盟友にどのような言葉を語りかけるのか、注目が集まる。

Next

心よりご冥福をお祈りいたします。

Next

ほんとうにさみしい気持ちでいまでも『帰ってきたよ』と現れる感じがします」と話していました。 その後は、コメディアンとして頭角を現していきます。 構成は基本的に台本に忠実で、はほとんど無かった。

Next

ちょうど小学生だったので学校でもよく流行っていました。 ジョーズ」というコンビを組み、他のお笑い番組にも出演し始めると、 翌年の1976年には、当時の人気アイドルと、さんが中心の番組だった 「みごろ! 食べごろ! 山藤章二『対談「笑い」の混沌』講談社、1991年、講談社文庫版、132-133頁。 家族葬が行われたということです 多くのファンが弔問に訪れたいところですが、依然収まらないコロナ流行。