原 神華 清 帰 蔵 密 宮。 日本の医薬・博物著述年表

法皇これを開いて叡覧あれば、「いま三日が仲の御喜び、並びに御歎き」とぞ申したる。 従五位下藤原朝臣有令為信濃介。 其料可用修理国分并通三宝布施料。

しかるを南都、三井寺同心して、或いは宮請け取り参らせ、或いは宮の御迎へに参る条、これもつて朝敵なり。 大外記正六位上巨勢朝臣文宗・左近衛将監大蔵宿祢広勝・左大史丸部臣百世・皇太后宮少進坂合部宿祢春恒・散位佐伯直清氏等、並外従五位下。

風枝蕭颯欲秋声。

秋来只為一人長。 如振群鶴之毛。

Next

平野祭如常。

地上逐涼 白居易 ろてんせいゑいとしてよをむかへてなめらかなり、 ふうきんせうさいとしてあきにさきだちてすずし、 露簟(ろてん)清瑩(せいゑい)として夜(よ)を迎(むか)へて滑(なめ)らかなり、 風襟(ふうきん)蕭灑(せうさい)として秋(あき)に先(さき)だちて涼(すゞ)し、 露簟清瑩迎夜滑。

Next