読売 報知。 グループ会社一覧:会社案内サイト「読売新聞へようこそ」

各局の朝ので、スポーツ報知の記事を紹介する際、キャスターが愛称の「スポーツ報知」と呼んでいるが、系『』や大阪・(ABCテレビ)の『』では「 報知新聞」と正式な題号で呼んでいる(字幕クレジットも『報知新聞』と表示)。 特に記事に関してはしばしば他の記事に差し替えられる反面、関係の記事を東京以上に好んで1面に持ってくる傾向が強いため、東京版より大阪版の方が巨人が1面になる機会が多いという皮肉な現象が起きている(阪神報道が強い関西地方においての隙間産業的位置にある。 だがそのためか、130円と安価で販売されている。

Next

や、などの話題が中心となっている。 1998年3月からスポーツ報知を、、、、、、、に向けて発行。 (女子日本代表試合のみ担当)• さらにその左にとの番組表がハーフサイズ。

Next

テレビ番組欄 [ ]• () - 2010年4月から2014年3月まで、土曜日にスポーツ報知協賛で放送していた。

Next

以後、デジタル完全移行などに伴い衛星各局の番組表を地上波と同じ頁にまとめ、ラジオの番組表は芸能面下段に入れ替えた。 (BS日テレ) - スポーツ報知編集部からの中継と翌日の紙面紹介を放送。 同、向け(・)の版が、の協力により現地印刷を開始(それまでは大阪本社版早版を鉄道もしくは飛行機輸送していたが、読売北陸支社と同じく東京版を同時印刷できるようになった。

Next

また、阪神タイガースの公式イヤーブックに他スポーツ新聞の広告を載せる中、スポーツ報知だけはそれを載せていない。 最上段に注目番組の解説。 2021年現在では日本テレビのみが運営・出資している。

SportsHochi - 1正式なクロスネット局ながら、NNNフルネット局(NNNのニュース番組は全て同時ネットのため)、には報道部門のみ参加。 名古屋と福岡は契約である。

Next

(対象・九州〔沖縄県除く〕、山口県 参照) 事実上、東京・大阪が直営。 ただし大阪管轄の中四国地方の放送については掲載されていない。

Next

甲子園山梨代表などの話題があるときは1面を山梨県の記事に差し替えることがある。 備考 [ ]• - スポーツ紙移行40周年を記念して東京、大阪、北海道版の題号を「スポーツ報知」と変更。 まで、・の番組表(ハーフ)が掲載されたことがあった。