春の 挨拶 4 月。 【季節の挨拶】春の時期に使える挨拶メールのご紹介

時下(じか)を使うと、時候を省くことができます。 ゴールデンウイークが近づいてきましたが、ご予定はいかがでしょうか• お花見にはもう行かれましたか• まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。 フォーマルな挨拶メールにはある程度のパターンが決まっていますが、あまりに形式的な挨拶では、かえって相手に不信感を与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

Next

ご多忙中誠に恐れ入りますがご協力の程宜しくお願い致します。 「花冷え」とは、桜が咲く時期にも関わらず寒い日が続いている様な状況で使われる言葉です。

各地からの花便りもにぎやかなこのごろ、お健やかにお過ごしのことと思います• 挨拶文は決まり文句が多いため、同じような場面に遭遇した場合でも使い回しが ききます。

Next

お体大切に気をつけてお過ごしください。

Next

おぼろ月夜に春の風情が感じられるこのごろ、ご平安にお過ごしのことと存じます• 頬をなでて吹き過ぎていく南風の暖かさにも、なぜか心が浮き立つ今日ころ頃です。

Next

これは、形式を重んじる場であればなおさら必要なものであり、ビジネスシーンなどにおいてもよく使われるものになっています。 春風に吹かれ、桜の樹も若葉を揺する季節となってまいりました。 。