宝塚 誹謗 中傷。 インターネット上での誹謗中傷案件について思うこと | 宝塚ブログ くららのビバ宝塚!

"SNSやインターネット上における誹謗中傷等への対応について いつも宝塚歌劇にご愛顧を賜り、ありがとうございます。 あとはファン以外で知識があるというと、あまり想像したくないですが、内輪揉めからの嫌がらせとかあり得るんでしょうか。 出番が多ければよりアンチファンの批判に晒されやすくなり、匿名のアカウントで「実力不足」といった批判を投稿するいわゆる「愚痴垢」もSNSでは無視できない。

・特定の出演者の人事情報について、あたかも事実であるかのような表現を使い、事実ではない情報を拡散すること。 ところが、生徒の起用は基本的に「年功序列」で、トップ以下スター格はおおむね入団順が慣例。 生徒を中傷から保護するという建前の陰で、責任を持つスタッフ側が好き勝手やるのを批判したら取り締まる、というのにはならないようにしてほしい。

Next

傷つけてしまった失敗 私が何気なく、叱咤激励の思いを込めてある記事を書きましたが、それは熱心なファンの方の心を傷つけてしまいました。

Next

私もこれからより気をつけて書くようにしたいと思います。 (J-CASTニュース編集部 大宮 高史). そのような質問に回答する側もいつも同じ人の場合が多く、それもただの誹謗中傷でしかなかったり、噂の域を出ないソースも示されないような回答があたかも事実かのようにまかり通っています。 なお、今後上記行為を確認しました場合には、弁護士等と協議のうえ、 しかるべき法的措置を検討させていただくとともに、発信者情報開示請求を実施するなどインターネット上の誹謗中傷等にも対応してまいります。

Next

🌟をポチッとお願いします!. ただこの線引きを自分勝手に理解して人を傷つけたりしないように気をつけないといけません。

Next

また責任ある地位につく生徒は他の生徒に恥じない努力をするべきです。 トップスター5人のうち、お一人だけ状況が違うと思って書かなかったら、その書かれなかったスターさんを応援しているファンの方から、悪意のある記事として、大変お叱りを受けたこともあります。 それより以前ネットがない時代には、壁への落書きでやりあっていたのは事実。

Next

宝塚歌劇団といたしましては、お客様よりいただく様々なご意見や叱咤激励を有難く拝見し、より良い舞台をお届けするための励みとさせていただいておりますが、上記のように、特定の個人を攻撃するような行為によって、出演者やスタッフが万全な状態で公演に邁進できない事態になりかねない状況は大変遺憾であり、非常に危惧すべき状況であると考えております。 もちろん知恵袋やヤフーコメントも監視対象でしょう。

Next

あれから十数年。 私がその言われてる側の人間だったらどう思うか というのを基準に考えるようにしようと最初から思っていて、これからもそうしようと思います。