ジャッキー 佐藤。 ジャッキー佐藤を看取った元女子プロレスラーの現在

『かけめぐる青春』も80万枚を売り上げるヒットとなり、『真赤な青春』『青春にバラはいらない』などの曲もヒット。 引退後 [ ] 引退直後の1988年には教室の会社「ジャムナ」を設立する。 いわゆる「ケンカマッチ」と称される遺恨試合は過去のプロレス界にも複数存在する。

Next

今は、神奈川県横浜市の随縁寺に眠る。

Next

また、RVCより『かけめぐる青春』でレコードデビューし、試合前のリング上で歌う斬新なスタイルで、女子プロレス界のアイドル的存在となる。 引退直後に体操教室の会社「ジャムナ」を設立。 もちろん、自分もやり過ぎた部分はあるけど…。

Next

炊きつけた黒幕が一番悪い」と言ってます。

Next

現在は清心館空手道総本部付指導員(弐段)として活躍中。 心を折らないと」と考え、腕がらみで折ると見せかけ、腕が折られようと参ったする気のないジャッキーをコントロールして胸部を圧迫し呼吸できない態勢に固め、窒息死の恐怖によるギブアップを奪いました。 【ジャッキー佐藤:最後の試合】 1999年8月9日にジャッキーが病死した際に、勘違いしたマスコミが神取を生涯で最後の対戦相手として紹介し、インタビューしていたが、これは完全な間違いである。

試合に至る軌跡、両選手のプロ意識、そして旗揚げ当時のジャパン女子プロレスの実状をこの31ページに及ぶドキュメンタリーは余すところなく伝える。 記者でもレスラーでもなく、当日のリングアナを務めた彼ならではの客観性とプロレス愛に満ちた力作だ。

Next