ブランデンブルク 協奏曲。 バッハ「ブランデンブルク協奏曲」の解説とオススメ名盤

これが、リズムに楔を打ち込むごとく、演奏を引き締める効果をもたらす。

それはそれは息を殺して、洩れた息も冬の空気にかすかに白くな るかのようです。 ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調 BWV1049 5. テンポは全体にゆったり方向であり、セカセカした古楽快速列車ではありません。

Next

第1番の第四楽章もゆったりしていますが、ポロネーズ のみは静かながらも速く弾 むように演奏しています。 ユニテル映像については下記参照。

Next

ニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ヴィーン LONDON。 ミュンヒンガーは録音が デッドなせいもあるのですが。 演奏は攻撃的な古楽というと擬人化されそうな、いじめっ子の男の子が「強いんだぞー」としかめっ面で攻めてく るのとは正反対の方向性です。

オーレール・ニコレ Fl 、ヘルマン・バウマン Hr。

Next

ピリオド奏法として確立されてきた独特の癖が少ないという意味では、カナダのターフェルムジーク・バロック・オーケ ストラ、同じく英国の先輩的バンド、エージ・オブ・エンライトメントと並んで素直な展開で、アクの強くない部類 に入ると思います。

Next