進撃 の 巨人 ネタバレ 139。 進撃の巨人【最終回ネタバレ】エレン死亡で鳥になった理由は?その後の世界・未来は?戦争は無くなった?

アルミンとエレンは昔の姿で、昔のままの壁の中の街で、話し合っていました。 海の向こうの人々からの仕返しを恐れるパラディ島のイェーガー派は「戦え!戦え!」と軍をより補強する体制に力を入れていました。

Next

進撃の巨人139話ネタバレ最新話の確定速報|ミカサへの想い 海へやってきたアルミンとエレンは、ミカサについて話します。 なぜなら、彼が志のためにころした、人類の8割の者たちもまた、生きたいと思っていたからです。 てっきり、情熱大陸でラストシーンと言われていた赤子は「ヒストリアの子供」だと思っていましたが、 エレン自身 でした。

Next

その愛は二千年後の今も残り続け、始祖ユミルを苦しめていたのです。

Next

しかし、今まで争いをしてきた人々同士がなぜ平和を訴えるのか知りたくなるはずだ、と確信するアルミン。 三つ目としては、ある条件が揃うと高い身体能力を発揮することができる。 ミカサが「アルミンも記憶が戻ったんでしょ?」「エレンが私達に会いに来てた時の」と言うと、アルミンは「ああ、聞いたよ」「ミカサがもたらした選択の結果が、巨人の力を、この世から消し去ることになるって」と答えていく。

Next

マフラーを巻いたエレンは、「そんなもの何度でも巻いてやる」とミカサに対して答えています。

Next

進撃の巨人139話ネタバレ最新話の考察|ミカサのマフラーの謎 ミカサがマフラーを持っているようですが、今は巻かないと言っていました。

Next

「 これぞまさしく」と呼べる終結に至ったのではないかと思えてなりません。

Next

最後の最後まで 死んでほしくないと願っていたのはアルミンでした。 諫山創先生11年7ヶ月の長きにわたって非常に面白い物語を提供していただき感謝の極みです。 そして、最終回の139話ですね! 進撃の巨人【最終回ネタバレ解説】 2021年4月9日にとうとう進撃の巨人の最終回が連載されました。

Next