ウッドロー ウィルソン。 ウイルソン・センター

また大戦の原因となったバルカンにおける民族対立の解決にむけて、の原則を打ち出した。 1915年、58歳のウィルソンは、ボーリング家(の子孫)出身であり未亡人となっていた43歳のイーディス・ボリング・ガルト(Edith Bolling Galt、1872年 - 1961年)を紹介され再婚した。 それは本書の終章のことばで示されている。

Next

そして、セオドア・ルーズベルトを支援していたのが、オットー・カーン。

Next

しかし、ウィルソンの官職任命政策は、議会に法制化を求めた革新主義的な改革を実行する行政府の能力を弱めた。

ウッドロウ・ウィルソンに関する豆知識 ・1919年10月、脳梗塞で倒れた影響で言語症や左半身不随などの重度の後遺症が残りましたが、主治医と妻のイーディスはこの事実を極秘にし、代わりにイーディスが非公式に決裁などをおこなっていたとされています。

国際連盟は1919年6月に締結されたヴェルサイユ条約に含まれている。

Next

ウィルソンは不忠誠と疑われた者に対する最高裁の弾圧政策を全面的に支持した。

Next

その日はワシントンD. さらに1917年1月31日、ドイツはイギリスを追い込もうと翌日以降、イギリス周辺と地中海でドイツの指定する戦闘区域内で敵国や中立国を問わずすべての商船に対する無制限潜水艦作戦の再開をアメリカに通告した。 ウィルソンは戦争の勝利を平和的世界秩序に変換させることを目指してパリ講和会議に向けて出発した。 6、ロシアの全領土から軍隊は撤退しなければならず、またロシアに関するすべての問題の解決は、世界の他のすべての諸国の最善で完全に自由な協力の下、自国の政治的発展と国策に関する自主的な決定を行うための束縛がなく妨害されない機会をロシアに与え、ロシア自身が選ぶ制度で自由諸国の仲間入りをすることを心から歓迎することを保証するような形式でなされなければならない。

Next