オットー フォン ハイデッカー は ゲーム 脳。 オットー・フォン・ハイデッカーはゲーム脳:成人編(なるひとへん)

どうすべきか…。 国王から鼻で笑われたので手を変えてきたのか…。 農地の広さと 配下 ( 同盟 )の騎士だけなら門閥貴族に負けないだろう。

Next

」 ジョンが終わりを告げる。 国王からも開拓した分全て俺の領地にして良いとの言質も取った。

断りきれなかったそうだ。 追い払えば仕事は終わりだが。 帝国兵捕虜での開墾は元の村、領地関係なく手当たり次第に開拓した…。

Next

」 見ろよ新米領主。 飛び地も多い。 全て無くなった村々の面倒を見たのだ。

Next

何だかんだ言って食料の需要は在るが…。

Next

軍で、最低でも中佐までは約束されている。

Next

魔法学園で主人公と力を合わせて、強大な帝国と…。 もうお互い領主だ。 「黙らせる為に義理の兄弟だらけだ…。

Next