コピー ライティング 本。 現役コピーライターが本当におすすめするコピーライティング本10選

宣伝効果を追跡できる企業が使うのはセールスライティング。 言いまわしは重要ではない。

この本の監修に当たっていた神田昌典さんも、まえがきの中で、著者の横田伊佐男さんが執筆を断念したのだろうと予測していたほどの 難易度の高い本の作成でした。 横田伊佐男 事例を交えながら、コピーライティングの基本を分かりやすく解説している。

型31:「今はまだ買わない」ように伝える• ネットビジネスだけではなく、 リアルのビジネスにも活かせますので、 営業が本業の方には一石二鳥です。

全てを使いこなせば、読了率が大幅に上がり、貴社の売上に大きく貢献する。 デザイナーや広報、ウェブに携わる方々も読んでおいてもいいと思います。

Next

では、なぜこのような違いが出てくるのでしょうか・・・ それは、そのコピーを見る「ターゲット」をイメージすれば、自ずと答えは出るでしょう。 買って後悔しない本だと思います。

Next

とことん読者の立場に立って、最も刺さる表現を使ってほしい。 今日はコピーライティングを独学で勉強するときに絶対に読まないとヤバいであろう1冊の本をご紹介します。 だから、中級者以上や、すでに3部作を熟読している人には物足りない内容になっているかもしれません。

Next

筆者のホームページ (メルマガも毎日配信中). しかし、この本はスマホや高速インターネット環境により普及したウェブ広告の場面に、セールスライティングスキルを落とし込んでいます。 たとえば、「話言葉調で長文レターを書いてください。 この本を読んで、「読んでもらう」ための仕掛けを学んでみてください。

Next

さらに、 現代の日本で通用するようにというのがこの最強のコピーライティングバイブルの執筆コンセプト。