マイ ナンバー ポイント お 得。 本当にお得?マイナポイント申請前に考える3つのリスク

普段使わないキャッシュレス決済に2万円チャージするだけでなく5,000円分のポイントが付与されることを考えても、普段使わないキャッシュレス決済に紐づけてしまうと有効に使うのが難しくなります。 その場合は必然的に、書面での申し込みになります。 以下、各社の「追加特典・キャンペーン」と「メリット」をまとめます。

Next

「LINKリワード」とはLINEが発行している仮想通貨「LINK」に変換できるリワードで、LINEのアプリから使えるBITMAXサービスを介してLINE Payにチャージしたり、銀行口座へ出金することも可能です。 また、マイナポイントの還元を受けるには、キャッシュレス決済を一つ選択する必要があるのですが、ポイントの上乗せキャンペーンなどもあり、どこがお得か考えてキャッシュレス決済を選ぶ必要があります。

Next

おおまかな手順はをご確認ください。

Next

今回のマイナポイントにより、もしも4000万人ものマイナンバーカード保有者がキャッシュレス決済と紐付けをした場合、日本でも諸外国と同様の被害が出てきても不思議ではありません。 まだ取得していない人は急いで申請しよう。 一方、2番目の理由は「国からの還元以外の特典が魅力的だから」で、まさに上乗せ重視の意向。

Next

マイナポイントによる5,000円分のポイントと合わせると、最大5,300円分のポイントがもらえることになります。 マイナポイントの登録・もらい方 マイナポイントをもらうには、次の3ステップが必要です。

新たなポイント還元制度 今後の課題は さらに、独自にマイナンバーカードを使ったポイント還元制度を導入している自治体でも、利用者から手続きが複雑との声が多く聞かれ、なかなか普及は進んでいないということだ。

Next

d払いなら、使える場所も多いので、せっかくポイントをもらったのに使う場所がない、ということにはなりません。 さらに、マイナンバーカードのパスワードを3回続けて入力ミスするとロックがかかってしまい、解除するのに住民票のある市町村役場に出向く必要があります。 また別のケースとしては父親が自分名義のA社のクレジットカードの決済を紐付け、子供には母親名義のA社のクレジットカードを紐づけることができます。