黒柿 孔雀 杢。 黒柿っていったい何色?黒柿の色・孔雀杢・経年変化について調べてみた!

気乾比重 : 0. おそらく無いとは思いますが、仮に最高品質の孔雀杢クロガキが産出されたとしたら、数千万円を軽く超える価格で取引がされる事になるかと思われます。 傾向としては、 飴色(あめいろ)と呼ばれる、茶色に近い色へと経年変化していくことが多いと言えます。 正確には、柿木がカキノキ科カキノキ属であり、黒柿は柿木が黒くなったものなので属名ではありません。

Next

ここで、突然ですが、同じ銘木であり、黒い木である黒檀(こくたん)という木があります。 筆記用具などの小物ですら、1万円を超えてくるでしょう。

Next

85 心材色 暗褐色 辺材色 灰白色 材質 硬質 用途 床柱・指物(和家具・茶道具)装飾用材等 指物などに人気のクロガキ パーシモンは日本のカキと同じです。 現在、各地で植えられている西条柿の原木がこの地にあったことから、西条柿発祥の地、ゆかりの地として伝えられています。

Next

黒柿(クロガキ)の黒は、どのような黒色なのかといえば、黒檀(コクタン)などの漆黒(しっこく)とは、また異なります。 藩では、賀茂郡西条柿奉行の制を設け、柿の増産に力を入れていました。

Next

また、4代将軍頼経の子が疱瘡をわずらった際に、この西条柿を食したら病が完治したことから、長福寺に対して寺領が寄進され、以後代々の将軍に毎年西条柿を献上したと伝わっています。

焼いた桐の肌は見た目にも優美で温かみがあり、使い込むほどに増す渋い色艶が魅力です。 白い部分が、黄色や茶色の深い味わいを醸し出し、黒色が、溶け込んだような表情へと経年変化していくでしょう。 黒檀は、重厚でいろいろな用途に使われています。