鉄 塊 と 紫 微 が めぐり 逢い。 アニヲタWiki(仮)

そして時平が驚くことは、当時世間に評判されている女たちの中で、平中が一往渡りをつけていない者は 殆 ( ほとん )ど一人もないのであった。 だから浩さんはあの女の 素性 ( すじょう )も名前も聞く必要もあるまい。

Next

女は引き立てられながらさすがに 躊躇 ( ちゅうちょ )するらしく見えたが、でもしなやかに少し抵抗したゞけで、やがてする/\と体を起して行くのであった。

Next

新歓のチラシ片手に落花浴ぶ きなこもち• 病院へ落花の中を運転す 新開ちえ• なろうの凡人探索者シリーズが一旦完結したので他にも同じような作品がないか探し… 投稿: メインヒロインが2人以上の作品のご紹介お願いします。 「殿々、愚老はあなたを無理にでもお引き止めしますぞ、帰ろうと仰っしゃっても決してお帰し申しませんぞ」 「ほゝう、長座をしてもよいと云われるか」 「よいどころの段ではござらぬ」 「しかし私をお引き止めになるなら、もそっと何か、特別のおもてなしをなさる必要がありますな。

Next

万歳を唱えてはならんと誰からも申しつけられた 覚 ( おぼえ )は毛頭ない。 浩さんはどこへ出しても平生の浩さんらしくなければ気が済まん。 くちぶえに落花一片ただよひぬ 音のあ子• あゝ、さては今夜はかの人も心を動かして願いを聴き届けてくれたのかと、平中は夢のような気がして、嬉しさにわなゝきながら恐る/\忍び入り、戸の懸金を内側から掛けた。

Next

落花受くるやはらかき五厘の頭皮 宮坂暢介• ため息でざわめく落花うらみます おでめ• 北上川舟運は明治維新とともに衰退し、明治中期には廃絶するに至ったが、その原因には東北本線の開通その他納税が物納から銭納に変わったことがあげられているが、明治24(1891)年旧4月11日黒沢尻川岸の大火災で舟帯、小繰り舟等大小100余船を燒失するに至ったことが大きい。 糸でんわ耳を澄ませば落花かな みやざき白水• 殊に相手は 甥 ( おい )と云っても、天下の 一 ( いち )の 人 ( ひと )であり、昭宣公の跡を継いで 摂政 ( せっしょう )にも 関白 ( かんぱく )にもなるべき人であるのが、さすがに 骨肉 ( こつにく )の親しみを忘れず、何の取柄もない老いたる伯父に 斯 ( か )くまで眼をかけてくれるとは。 名刹の落花の下を志士駆ける 白沢修• 小さき木の落花も小さき新居朝 稲葉こいち• 取り出せる落花白衣のポケットより ほろろ。

Next

濃く薄くつながる未来落花かな あさぼらけ• その時御母さんはせめて気立ての優しい嫁でもおりましたら、こんな時には力になりますのにとしきりに嫁々と繰り返して大に余を困らせた。 EDITA Tokyo(ほるぷ) 24000 GA HOUSES 世界の住宅11 アメリカ住宅建築のニューウェーヴ4 New Wave in American Architecture 4 ウェイン藤井 p176 重版 昭62 A. 屏風の外で待っていた人々は、急には出て来ないであろうと思えた左大臣が、 忽 ( たちま )ち恐ろしく 嵩高 ( かさだか )な、色彩のゆたかなものを肩にかけながら物々しい 衣 ( きぬ )ずれの音をひゞかして出て来たのに、又驚きを新たにした。 黒い顔! 中には日本に籍があるのかと怪まれるくらい黒いのがいる。

Next

たらればの想い止まらず落花路 伊多波良子• 腹の減った男はすぐ引き受けて 「ええ、みんな通るんです、一人残らず通るんだから、二時間でも三時間でもここにさえ立っていれば間違いっこありません」と答えたのはなかなか自信家と見える。

Next

しかしこの女が墓の前に延び上がった時は墓よりも落ちついていた。 羅 ( うすもの )に似た雲の、 微 ( かす )かに飛ぶ影も 眸 ( ひとみ )の 裡 ( うち )には落ちぬ。 深呼吸落花の坂をぐんぐんと まやみこ恭• ほら見てんの花の屑ち言うとばい 秋吉孝治• それから又問い詰めて行くと、「文の遣り取りだけはした」となり、「一度逢ったことがある」となり、「実は五六度、………」となり、しまいには 何 ( なに )も 彼 ( か )も白状する。

Next