循環 経済。 循環型経済はビジネスの主流になり得るか? 新時代の付加価値の作り方

未来を豊かにする、循環型経済の「本質」 経済を国ごとの単位ではなく、地球全体レベルで持続可能性を考えることがSDGsの動きをはじめ、昨今の潮流である。 近代工業社会への移行により、動力源や機能材・素材としての資源が大量に必要とされ、現代では豊かな社会の実現に欠かせないものとなっています。 一方で、国内外の経済社会情勢は大きく変化しており、特に世界的な人口増加と経済成長を背景に、大量生産・大量消費・大量廃棄型の線形経済から循環経済への移行が世界的に求められています。

Next

中国が2008年に「循環経済促進法」を制定し、欧州連合(EU)は2015年に「Circular Economy Package」を策定しました。 これをオンすることで、サステナブルな世界をつくるための議論の第一歩となるのではないでしょうか」 落合氏も新浪氏に賛同しつつ、日本が古来から持つモノに対する付加価値の付け方に注目する。

Next

今後、グローバルレベルでサステナビリティを実践していく上では、国と国、企業と企業のアライアンスや協調が非常に重要になってきます。

その結果、1R(リサイクル)に頼っていた当時の局所的政策を、3R(リデュース・リユース・リサイクル)という総合的な政策への転換を示したことが、1999年循環経済ビジョンの大きな特徴である。

Next

1999年当時と今回のビジョン策定をめぐる背景について、ビジョンに記載されている事項から下記に整理しておきたい。 循環型経済の推進を通じて様々な業種・分野の連携が生まれ、地域のつながりの構築や、オープンイノベーションによる発展も期待されている。 では、なぜこの「常識の経済」は普及しないのか。

Next

このように、ポジティブ・ネガティブ双方の要因から、1999年当時よりも持続可能な社会を構築するために方向性が新たに必要となっていた。 この考えは、まさに1982年ジュネーヴにて、大学教授であり企業や政府、また国際機関のコンサルタントを行なっているウォルター・スタヘルとが設立したの設立意義である。 いま家計と企業とからなる経済を考えてみよう。

Next