総合 支援 資金 延長。 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた休業や失業等による緊急小口資金、総合支援資金(特例貸付) 東京都福祉保健局

初回貸付後に住所を変更されている場合は、延長手続きの前に住所変更届が必要となりますので、初回貸付を申し込んだ 転居前の 住所地の社会福祉協議会へご連絡ください。 公的給付には、全員に配られた10万円の特例定額給付金も記入してください。 この記事は役に立つ情報だと思いましたか? 1 役に立つと思った 2 まあまあ役に立つと思った 3 あまり役に立つと思わなかった 4 役に立つと思わなかった その他 (50文字以内) Q3. 総合支援資金特例貸付の現在の貸付期間の3月目において、引き続き、新型コロナウイルスの影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯であること• また、新たな資金種類として、生活に困窮している人に対して、就労支援や家計指導などの継続的な相談支援と併せて、生活費や一時的な資金の貸付けを行う「総合支援資金」が設けられました。

お金がピンチ…!誰かに相談したい方は!>< 「失業保険の受給期間が終わったけど、仕事が見つからない…」 「日々の生活や家賃の支払い、ローンもあるしどうしよう…」 「会社から給料を支払ってもらえない…」 このようなお困りの方がコロナの影響で増えています>< そのような時は 法律相談を受けてみてはいかがでしょうか? 全国に事務所を構える「 杉山事務所」はWEBで無料相談や申し込みも可能です! \杉山事務所の無料相談はこちらをクリック/ 総合支援資金の返済は免除できる? 制度としては以前から存在していた総合支援資金ですが、新型コロナウイルスによる特例で取り扱いが拡大されています。 生活困窮者自立支援制度の申し込みについて 区社会福祉協議会に郵送でご提出いただいた「相談受付・申込票」は、お住いの区の区福祉保健センター生活支援課生活支援係に引き継がれ、申請の受け付けを行います。 新型コロナウイルスにより相当緩和はされているのですが、実情としてはかなり審査が厳しいと言う事です。

Next

4月30日より、においても受付を行っています(郵送のみ)。 正直言って簡単には貸さないと言う態度が取ってわかるレベルでした。 区市町村社協では、窓口での申込のほか、郵送による申込を受付けているところもあります。

Next

必要な資金を他から借りることが困難な「低所得者世帯」• 印鑑は必要です。 緊急小口資金についても、実際に利用された以下の方によれば、仕事のキャンセルメールやスケジュール帳などで同様に対応してもらえるとのこと。 緊急小口資金【特例貸付】を8月に借入れし、続けて総合支援資金【特例貸付】を9月に借入れ希望する場合、緊急小口資金、総合支援資金それぞれの締め切りについては以下の日程となりますので、ご留意ください。

Next

【必要書類】 (1)総合支援資金の借入申込書(社会福祉協議会の窓口で交付します) (2)健康保険証及び住民票の写し (3)世帯の状況が明らかになる書類 (4)連帯保証人の資力が明らかになる書類 (5)求職活動などの自立に向けた取り組みについての計画書 (6)借入申込者が、他の公的給付制度または公的貸付制度を利用している場合、または申請している場合は、その状況が分かる書類(ハローワークが発行します) (7)借入申込者の個人情報を、総合支援資金の貸付けに必要な範囲において関係機関に提供することについて記載されている同意書 (8)住宅入居費の借り入れを申し込む場合の添付資料 (a)入居する住宅の不動産賃貸契約書の写し (b)不動産業者の発行する「入居予定住宅に関する状況通知書」の写し (c)自治体の発行する「住居確保給付金支給対象者証明書」 (9)総合支援資金の借用書 (10)その他、社会福祉協議会が必要とする書類 Q1. 消費者金融では初回契約から30日間無利息で借入できるため、総合支援資金などで融資を受けられたら消費者金融でつないだ分は無利息での返済が可能です。 また、失業するなど収入減少で生活費に困った人には、「総合支援資金」として、2人以上の家庭には月20万円以内、単身者には月15万円以内の貸し付けが可能に。

Next

私は一旦書類を送ってもらう事にはしましたが、実際に申請をするかどうかは書類の項目を見て考えようとは思っています。 提出書類 提出方法 伊丹市くらし・相談サポートセンターへ、前記の1. 区 電話番号 鶴見区社会福祉協議会 045-504-5619 神奈川区社会福祉協議会 045-311-2014 西区社会福祉協議会 045-450-5005 中区社会福祉協議会 045-681-6664 南区社会福祉協議会 045-260-2510 港南区社会福祉協議会 045-841-0256 保土ケ谷区社会福祉協議会 045-341-9876 旭区社会福祉協議会 045-392-1123 磯子区社会福祉協議会 045-751-0739 金沢区社会福祉協議会 045-788-6080 港北区社会福祉協議会 045-547-2324 緑区社会福祉協議会 045-931-2478 青葉区社会福祉協議会 045-972-8836 都筑区社会福祉協議会 045-943-4058 戸塚区社会福祉協議会 045-866-8434 栄区社会福祉協議会 045-894-8521 泉区社会福祉協議会 045-802-2150 瀬谷区社会福祉協議会 045-361-2117. 支援内容 <貸付上限>貸付上限額を20万円以内とします。

貸付後、申請内容に虚偽が判明した場合は、直ちに貸付けを中止し、貸付金の繰上一括償還を求めます。 総合支援資金 生活支援費 特例貸付の延長について 8月14日時点 総合支援資金特例貸付を既にご利用いただいており、なおも生活困窮が続く方は、自立相談支援機関でのご相談や継続的な支援を受けることにより、貸付期間を延長してご利用できる場合があります。

Next

9月10日の振り込み後 9月14日までに延長申請の書類を 郵送するので 必要ならば9月末までに 申請して下さい、と 凄く、親切丁寧に 対応して貰い 有り難かったと 友人は言ってました。 また総合支援資金は、地域ごとで諸条件や判定基準が違うことも結構あるようです。

Next