スマトラ 警備隊。 【アイム】スマトラ警備隊 メンバー募集

【募集内容】 メンバー1名。 少将:1942年(昭和17年)10月7日 - 1944年(昭和19年)10月14日• 高射砲第103連隊:古荘武雄大佐• 高射砲第104連隊:花岡美三少佐• しかし私は現代科学の恩恵に目もくれず最短距離でトイレへと向かった。 参謀:杉田一次中佐• 数分後、何十回、百何回と聞きなれたメロディと共に冷気のヴェールが私を包み込んだ。

Next

いやわかんないけど。

Next

機関砲第101大隊:鈴浦勇少佐• 高校2年生の夏、私は『社会的に』死にかけていた。 軍政監部総務部長:浜田弘少将• 兵器部長:早川方良大佐• 参謀:中佐• 毎日22時頃から覇王級を中心に討滅開催。

Next

法務部長:時津秀男法務少佐 所属部隊 [ ] 太平洋戦争開戦時• 額に浮かぶ脂汗。

Next

第94兵站警備隊• 中将:1941年(昭和16年)11月6日 - 1942年(昭和17年)7月1日• 参謀:加藤長中佐• しかしこの事件の一番の被害者は私ではなく、私の過失によって加害者に仕立て上げられたお兄さんである。

Next

だがもう遅い。 第25軍野戦兵器廠:梅津直四郎中佐• しかし私はブスだった。 キリキリと痛む胃腸。

Next

参謀:本郷健中佐• :山本道義大佐• 司令官:中将• :少将• この世に悪魔を降臨させてしまう瞬間は刻一刻と近づいていた。 機関砲第102大隊:桜庭徹郎少佐• 私は完全に詰んでいた。