Excel 関数 if 複数 条件。 Excelで指定の文字列を含むかを判定するIF関数を使った方法|複数条件も

配列数式にするには 「数式を入力した後『Shift』キーと『Ctrl』キーを押しながら『Enter』キーを押す」ことでできます。

FILTER関数を他の関数と組み合わせて、計算に利用する例です。 詳細な使い方は をご覧ください。

各商品について求める場合は、FILTER関数で 商品名を条件に一致するデータを配列に取り出し、MAX関数で最大値を計算します。 3つ目の条件は、商品コードです。 このときの数式は以下のように配列間で処理されています。

Next

関数の一覧から「AND」をクリックで選択し、[OK]ボタンをクリックすると、 このようなダイアログボックスが表示されます。

Next

今回は、関数を使用して、条件を満たす複数のデータを表から取り出すテクニックを紹介します。

Next

【問題】 「図書費」または「諸費」の「支払金額」の合計を計算しなさい。 最後にダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、 設定した条件のどれか1つでも満たしているかどうか、結果が表示されました! この結果の意味については、次の章「」でご説明しますので、 まずは残りのセルにも、同じ数式をでコピーしていきましょう!. ところで、前述の数式を見て「あれ、条件が足りないのでは…?」と思った読者もいるかもしれません。

Next

スポンサーリンク AND関数で複数条件「なおかつ」の設定 AND関数は、「A なおかつB」という、 複数条件のすべてを満たしているかどうかを判定するときに使う関数。 検索条件は同一行内の条件がAND 行と行はOR の条件となります。

Next