貴船 神社 真鶴。 貴船神社。足柄下郡真鶴町の神社、明治6年郷社列格

石材も山から切り出したものを船で運ぶ必要がある。

Next

「真鶴は昔から小さな村落で、仕事のほとんどが漁業であったり、石材業でした。 その荒々しさに初めて来た人は驚くだろう。

Next

(表紙写真は貴船神社拝殿). 貴船神社の御朱印 御朱印は社務所でいただきました。 「神様が通るところは、海でも丘でも、先に清めていく必要があるんです。 海を眺めながら、とれたての地魚を楽しめます。

神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴に鎮座する貴船神社は江戸時代までは「貴宮(きのみや)大明神」と称していたが、明治元年(1868年)に貴船神社に改称した。 稲荷社の左隣りにある「淡島明神社」からは、素朴な雰囲気が漂っていました。

Next

そこが大切なところです。 参拝は平成23年の9月。

御祭神:大国主神 大黒さん 、事代主神 恵比須さん 、少彦名神 創建:伝承によると、寛平元年 889 、三ツ石の沖合に現れた木像12体と書状を平井翁が発見し、村人と共に社を建て、村の鎮守の神として大国主・事代主・少彦名の三神を祭神として勧請したといわれています。 だから、すべてのことに必然性があり、多くのしきたりがあるのだ。 海の上で死と向き合い、自分を鼓舞するための心と、 1年間生かしてくれたことへの神様への感謝の心。

Next

海の上の場合、小早船が神様が通るところを 美しい花飾りで清めてあげる。 「祖霊社」は、真鶴町の氏子総代や戦没者が祀られているそうです。

Next