人命 救助 表彰。 救助の女性を表彰 外を見ると、白川に流されている男性… 救命胴衣着け飛び込む|【西日本新聞ニュース】

消防本部から、人命救助を行った協力者と職員への表彰授与 後列:遠田遼平(左)、大塚理事長(右) 前列:白子郁雄さん(左)、宇田川消防長(中)、長谷川大地(右). 4メートルほどの海へ飛び込み、男児を浅瀬に引き上げた。 Onoki dived into the water to rescue the mother and her child. 仕事中にもかかわらず直ちに行動してもらったことで、人的、物的な被害を抑えられた」と感謝した。

Next

またこの時間帯はホームの人はまばら。 野尻さんは「焦る気持ちがありながらも冷静に行動したと思う。

Next

消防が到着したのはその後。

Next

大竹さんは周囲に火災を知らせて回り、住宅の中にいた逃げ遅れの高齢女性に避難を促して救出。 2月12日、「人命救助」を行ったとして 天草海上保安署より 大宮地地区の舩元隆成さんら4人に感謝状が贈られました。

また男性は倒れていたのではなく寝ていただけでしたが、もし煙を吸って倒れていたとしても今の私には救急車を呼ぶことしか出来なかったと思います。 それだけ素晴らしい功績だからでしょう。

Next

表彰状. JR茅ケ崎駅のホームから線路に転落した70代女性を協力して救助したとして、市内在住の吉野修司さん(70)、佐藤光亮さん(61)、小野寺穂波さん(48)の3人が5月26日、茅ヶ崎市消防本部から表彰された。 吉野さんは「無我夢中で、力を振り絞って女性を動かした。 お金では大げさになるでしょうから、ちょっとしたお菓子かハンカチなどが良いでしょう。

Next

滝浜の人工ヘッドランド 5月5日午後0時頃、小野木さんはゴールデンウィーク中で潮干狩りでにぎわう鉾田市滝浜の海岸に家族と遊びに来ていたところ、男児(7歳)が深みにはまり、それを助けようとしていた母親(39歳)も溺れかけていた。 4月23日午後5時50分ごろ、野尻さんは集合住宅4階の自宅で食事中だった。 病院に搬送されたが、命に別条はなかったという。

Next