石井 幹子。 照明デザイナー・石井幹子さんが語る、人にも環境にも適した照明デザイン[エコチャレンジャーインタビュー 第74回|EICネット]

日仏友好160周年を記念する日本文化紹介行事「ジャポニスム2018」の一環で、パリ市やエッフェル塔の運営会社が特別協力。 内に秘めた情熱と自信は宝物 コツコツと実績を積み上げ、ミスのない堅実な生き方を目指します。

Next

読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。

Next

私たちは、現在の生活の中で、光なしでは暮らすことが出来ません。 ですから都には、東京に残っている江戸期のもの、明治大正昭和のものを、ぜひ大事にしていただきたい。 そんなお母さん不在の時間を明理さんはどんなふうに過ごしていたのでしょうか。

会場内にそれぞれ趣向を凝らしたものが並ぶ様子は、まるで巨大な美術館の中に迷い込んだような錯覚を覚える程である。

Next

読売新聞西部本社が運営する福岡県のローカルウェブメディアです。 読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。

光と音がそれぞれ増幅してイメージをつくるという技術は、フランスで生まれてフランスで発達したものでしょうね。 8回目の今回は、新型コロナウイルス感染対策で尽力している医療従事者への感謝などをテーマに、再生可能エネルギーを使った光の「ブルーライト・パフォーマンス」を繰り広げた。

Next