新型 豚 インフルエンザ。 新型ウイルスの次は新型豚インフルエンザか。中国で感染力強いG4株確認。

もしくは、Rasmussen氏が言うように「 このウイルスは、効率よく人から人へ病原体を伝染させる能力を発達させる可能性がある」のです。 また、このようなケースは、豚で起こることが多いです。 必要なら救急車(119)を呼び、必ずインフルエンザの症状があることを伝えましょう。

Next

日の出町でのことだ。

Next

人から人への感染例はまだないが、 流行につながる恐れもあるとして注意を呼びかけている。

Next

動物疫学者の氏は「」誌に対して、第三者の立場で解説している。 くわえて動物病院で呼吸器系の症状を示す豚からもサンプルを採取した。 今のところ、人間から人間へ感染するという証拠はありません。

Next

このウイルスは、 2009年から流行しているインフルエンザウイルス「H1N1型」に由来するとみられるという。 症状が長引いて悪化してきた 医療機関を受診する前に、必ず電話で連絡をし、受診時間や入り口等を確認してください。 最大死者数国は、の577人、次にアメリカの522人だった。

Next

論文が掲載されたのは「PNAS」(米国科学アカデミー紀要・電子版)。 ステロイド内服などによる免疫機能不全 さらに、次に該当する方々についても、インフルエンザが重症化することがあると報告されています。 ただし、持病がある方々のなかには、治療の経過や管理の状況によりインフルエンザに感染すると重症化するリスクが高い方がいます。

Next