It スペシャリスト が 語る 芸術。 Home

DevOpsっていろいろ積み重なった結果で、今はDevOpsになって、次はたぶんマイクロサービスとかになっていくんですけど、ここの間をいきなり飛べないじゃないですか。 横尾忠則さんは、宇宙人や霊の存在を当然のように肯定して、いろいろエキセントリックな話も平気でするのだと思うが、それでも、彼がそのようなことを言う時には、どこか世間への遠慮やてらいを感じるのだ。

Next

鈴木:やはりDevOpsの本質的な目的というのは、各個人の持っているポテンシャルを最大限に引き出すシステムというんですかね、そのメカニズムというか、そういう考え方というのは共通して理解していればいいんですかね? 塚:あると思います。 しかも彼は、もともと大手企業のサラリーマンであり、世間常識とは何かを知っているのだ。 塚:なるほど、ヤフーでなにをやっているか。

Next

今日は、業界のなかでDevOpsを実際に実践されているスペシャリスト、プロフェッショナルな方を3名お呼びしております。

そのためには、物理的に泥臭くやっていても無理なので、やはり「技術を使っていこうね」「やらないこと決めていこうね」という話になっていくのかなと思います。

Next

テーマの1つ、第1の質問としては、冒頭にも申し上げましたけれども、日本国内で「DevOps」という言葉がどういうふうに捉えられているのか。 芸術はそこに誘うものだ。 吉羽:DevOpsがどう捉えられているかという意味でいうと、けっこうツールの話として捉えている方というのがすごく多くて。

Next

池田満寿夫さんは、もともとが世間に背を向けていたのだ。 そうすると、早いサイクルを投げれなかったら他者に全部やられてしまって、だんだん緩やかに死んじゃうよね、という話があります。 世間など知っちゃいないのだろう。

Next

牛尾:えっ、もっと燃え上がってほしい感じなんですか(笑)。 「どうせなら効率よくやりたい」というだけ 牛尾:僕もすごく近くて、本当に意見が一緒で。

Next

これはもう今年の5月に行った、マイクロソフトさんの「de:code」のイベントからの恒例とさせていただいております。 あとは実際にハックフェストというのをやって、実際にハッカソンを一緒にして、ガチの環境を本当に自動化しちゃうということをやっています。

Next