100 日 の 郎 君 様 9 話。 100日の郎君様 13話 あらすじ 感想 ト・ギョンス(EXO D.O.)

サヨプはソヘが置いていった手紙を見ていた。

10話の感想 恋がホンシムを変えました! ウォンドゥクへの気持ちがそうさせたのが、可愛い女性へと変わっていくホンシムをみるのが楽しいです。 ソウルナビよりこの橋は、ソウル市民憩いの場・清渓川 チョンゲチョン の最初の(最も西に位置する)橋。

Next

王妃は寝込んでいた。

Next

その後、防御のやり方で兄だと確認したホンシムが「オラボニ、でしょ!」と涙ぐむと、ムヨン 本名ユン・ソクハ は「まだ剣は未熟だな」と昔と同じ言葉を使い、兄であることを明らかにした。 ウォンドゥクにとって辛いところですね。

グドルに連れて行かれた時、ソヘの兄スジがウォンドゥクを見た。 ひとりの村人に助けられ、目覚めたときには記憶を失っていた。 妹を連れ遠くに離れる計画のムヨンは、部下からムヨンを狙わせたのは世子嬪(セジャビン)だと知らされ、キム・チャオンはムヨンを捜し始めます。

Next

いつの間にかウォンドゥクを頼りにしてしまっている自分を持て余すホンシム。 真実の中で生きたいと思い告白したホンシムだが、ウォンドゥクは不快感をあらわにする。 一生懸命にウォンドゥクが読み上げる名前を書いていたホンシムは眠気のあまり、筆を持ったまま倒れ眠ってしまいます。

Next

最終話ですべてを終わらせるためか、ストーリーな展開に少し残念な部分がありましたが、大満足のエンディングでした。

Next

戻った後、質問するホンシムに何も語らず、突然のキス!!!ナム・ジヒョンの演技がとてもよく、最後のキスシーンで彼女の気持ちが素直に伝わりました。 宮殿では王妃が女官を使って噂を流すように指示を出した。 「厄介者を懲らしめるのに申し分ない。

Next