目 の 端 に 光 が 走る。 視界に光が走る

前房は角膜と虹彩の間、後房は虹彩と水晶体の間をいい、いずれも「房水」と呼ばれる"水"で満たされています。

Next

この状態を視野の欠損と言いますが、これは網膜がはがれてその部分の視細胞が、明暗・色・形を感知することができなくなることによって生じます。 これとは別に目そのものに原因がある「光視症」があります。

Next

これを 「飛蚊症」といいます。 そしてこの「視界キラキラ」はなぜ起こるのかその原因はどのようなものがあるのか、さらに予防法も調べてみました。

Next

網膜裂孔で光が見え、以前眼底をレーザーで焼いていて、眼科の検診も三ヶ月に 一回いっています。

一方、硝子体そのものは、加齢と共に前方へ収縮してしまいその結果、硝子体と網膜が剥離します。 血圧が低下すると、脳内に十分な酸素が供給されず脳が酸欠状態になってしまい脳貧血を起こしてします。

Next

硝子体が網膜から離れていく過程で、網膜を刺激して光視症を起こすことがあります。 多くの場合は加齢現象で病気ではないので、心配はいりません。

すると視野欠損が有り、下垂体腫瘍が疑われ、病院を紹介され、検査の結果やはり下垂体腫瘍だったのです。

Next