本 多 平八郎。 本多忠勝とは

この功績により、慶長6年()、伊勢国桑名()10万石 に移されると、旧領・大多喜は次男・に別家5万石で与えられた。 本多忠勝 出典:Wikipedia 丸に立葵(まるにたちあおい) 本多忠勝の家紋は、主にこの 「 丸に立葵 まるにたちあおい」を使っています。

Next

子孫はの5万石など。 初代の本多平八郎忠勝は徳川四天王の一人で家康の関東入国後には上総国の大多喜10万石。 初代藩主、初代藩主。

GPSプロッター• 正信の弟の正重は正信と同様に一向一揆で離反した後、許されて帰参し、後に相馬1万石。 江戸出府、四海困窮を世に見る。

Next

その武勇を家康からも認められ、「ただ、勝つ」という意味を込めて忠勝と名乗りました。 忠勝は「本多忠勝も傷を負ったら終わりだな。

Next

圧電セラミックス• また、岡崎城に大政所を迎えた時の逸話も有名。 《商品を探す・仕様比較》• 戦国の世が終り、徳川幕府の体制も安定し、平和な時代へ向かって行く頃で、人々も余裕が出てきて風流を好み、花見や出雲の阿国の踊りを真似して刀をかついだり、杖代わりの様にもたれかかったり、鉢巻をだらりと巻いたりした姿(所謂 かぶき者)で踊るなど楽しんでいる様子が屏風に描かれています。

(岡崎城本丸に鎮座する神社、本多忠勝公も祭神として祭られている)• 「本多平八郎姿絵屏風」の中の忠刻を眺めながら、この人にも「織田信長と生駒」の血が流れているのだと感慨にふけりました。 『GO! 永禄6年()9月のでは、多くの本多一族が敵となる中で、(浄土真宗)からに改宗して家康側に残り武功を挙げた。 秀吉・家康が和睦した後に秀吉に召しだされたとき、「秀吉の恩と家康の恩、どちらが貴殿にとっては重いか」と質問されると、「君のご恩は海より深いといえども、家康は譜代相伝の主君であって月日の論には及びがたし」と答えた。

Next