第 一 列島 線。 コラム142

その九州南端から細く南方向に沖縄諸島が連なっていて台湾に至る。 ( 第三列島線基地群は米国の戦略基地で、米国の前線に展開される兵力の「大後方」でもあり、空母に対する強大な支持能力がある。 かつて、はなをるへのから、も・がとなっており、のそれはに留た。

外交で全て解決すればいいという方もいると思いますが、その外交ですら、軍事力の裏づけが必要です。

Next

中国海軍は、従来、沿岸海軍であったが、第二列島線まで進出することはすなわち、外洋海軍への変革を目指していると考えられ、その動向が注目されている。 これらはいずれも、戦略目標として、アメリカ軍が当該地域に侵入することを忌避するレベルまでリスクを高めることで、軍事バランスを中国側に傾けるためのものである。

シドニーに拠点を置くシンクタンク「ローウィ研究所(Lowy Institute)」によると、中国は2006年からの10年間で、パプアニューギニアに6億3200万ドル、フィジーに3億6000万ドル、バヌアツに2億4400万ドル、サモアに2億3000万ドル、トンガに1億7200万ドルなど莫大な資金援助を実施し、経済的な影響を高め、それと同時に政治的な影響力を拡げようとしている。 このことの背景としては調査だけでなく、や海水温分布、海水密度分布などのデーターの蓄積が(戦を含む)潜水艦戦を有利に進めるために必須なこととも密接に結びついていると考えられている。 このアメリカ側の戦略についてはまた、後日調査して書きたいと思います。

Next

中国を対象とする戦争に対処し、中国が平和で安定した環境の中での現代化を進め、アジア太平洋地域及び世界の平和を保障する。 ただし中国海軍は原子力潜水艦部隊を含めた戦力の拡充に対する意欲を未だ失っておらず、漢級原子力潜水艦領海侵犯事件時点では既に米、ロシア同等といわれる後継艦のが海上試験にはいっていたし、フランクアレイ・無反響タイル付の潜水艦だけでも11隻、2隻、10隻(日本は9隻。

Next

現在、中国海軍は、においてはと軍事協力関係にあり、ミャンマー西端の国境近くのシュトウェとに接する大ココ島のを借りて、自国の海軍基地にしている。 その際、自国企業には莫大な補助金を出して、政府が手厚く経営を支援する。 近年に至るまで、中華人民共和国の海洋調査は、第一列島線付近までに留まっていたが、このところは第二列島線付近でも調査を行っている。

Next

これを日本の古いことわざに例えれば、多くの日本人も彼ら中国人の気持ちを理解できるだろう。

Next