ピンク フロイド 原子 心 母。 shepherdengine.com: 原子心母: 音楽

オレはロックのレコードを買ったつもりなのに「何じゃ、これは」という感じでした。 There are also 3 songs, one each from Waters, Wright and Gilmour each very different in style and all sung by their respective writers. アナログLPではA面すべてを使った表題曲は実験音楽家のロン・ギーシンが加わる形で制作され、クラシックや現代音楽の素養を含んだ6つのパートからなる壮大なロック・シンフォニーとなった。

BGMにピンク・フロイドの作品が使われています。 紙ジャケ 3CD 3CD 2CD 2CD 夜明けの口笛吹き(1967年) A Piper at the Gates of Dawn 当時のリーダー、シド・バレットが描くサイケデリック・ポップな作品集。

Next

A面はタイトル曲の「原子心母」のみ。 全英チャートで3位、全米では15週連続で1位となるなどバンドの真骨頂を世に見せつけたメガ・ヒット・アルバム。

Next

ある程度、ピンク・フロイドのファンになってから聴く方がよいです。 「モア」は、パリにヒッチハイクでやってきた青年が、怪しげなパーティーで出会った女性の勧めでドラッグを体験し、その後ドラッグと彼女とのセックスに溺れていき、最後はドラッグの使い過ぎで急死するという物語。 ためしに一回見れば十分です。

SACDプレーヤーで再生すると、5. 未発表曲も流れますが、たいしたことがなく、映像も淡々と車が走るだけですので、退屈極まりないです。 しかし、「狂気」ほどにはサラウンド感はありません。

」と祈るような言葉が入っていのですが、 実際は「Try a Sympathy to Ours. あらためて、肝に銘じておくよい機会にしたいですね。 これら以外の曲は、他のライヴアルバムでも聴ける定番曲で面白みに欠けます。 紙ジャケ 2CD 2CD 2CD 6枚組 6枚組 SACD SACD 狂気(1973年) Dark Side of the Moon 「時」、「金」、「戦争」など、人間を狂気に追い込む要因をテーマにして描いた作品。

Next