マクラーレン アル トゥーラ。 マクラーレンの新型スポーツモデル「アルトゥーラ」が日本上陸

シートバックは「激薄」。 これに「グロスブラック・インテリアフィニッシュパック」「カーボンファイバー・インテリアパック」等が用意され、シートは「クラブスポーツ」、そして「ランバーアジャストつきクラブスポーツ」、さらに「コンフォートシート」も。 タービンは上述の通り「ホットV」を採用しており、タービンの熱を抜くためのダクトがタービン上に存在します。

Next

その重量はわずか160kg。 先進の安全運転支援機構(ADAS)も採用。 電気系統で使われる配線の重量まで厳格にシェイプアップを進めた結果、アルトゥーラは最軽量の仕様で、乾燥重量1395kgを達成している。

Next

EV航続距離:30km• モデルでタレントのマギー(28)が17日までに、自身のインスタグラムを更新。

この3つの達成こそが、マクラーレンがアルトゥーラを次代のスーパーカーに位置づけるゆえんと言えるだろう。 フルデジタルのインストゥルメントパネルは、ステアリングコラムと連動して動くようになっている。

Next

新開発したプラグインハイブリッドパワートレインを搭載• パワートレインにはV型6気筒ツインターボエンジンと電気モーターを搭載し、システム合計で680psの高出力を発揮するほか、電力のみにより最長30kmの走行が可能に。 《高木啓》. アルトゥーラの異次元の走りを支えるため、今回ピレリは標準の「P ZERO」、公道とサーキット両方に対応する「P ZERO CORSA」、冬用の「SOTTOZERO」と、3種類のタイヤを専用開発。 0秒を実現する。

Next

センターコンソールはいつもどおり極端に幅はが狭く、つまりは左右シートの間隔が狭く、ロールセンターが適正化(理想化)されているということですね。 瞬時のトルクデリバリーは「トルク・インフィル」と呼ばれ、マクラーレンによるとこれが鋭いスロットルレスポンスの鍵になるという。 モーターはトランスミッション内に配置される。

Next

0リッターV6ツインターボガソリンエンジン(M630)に、アキシャル型モーター、そして総電力量7. | スポーツカーとしてのパッケージング、バランスはマクラーレン史上最高かもしれない | さて、マクラーレンは初の量産(限定ではない)ハイブリッドスポーツ、アルトゥーラを発表していますが、さっそくアルトゥーラの実車が大阪にもやってくることになり、マクラーレン大阪さんにて開催の「McLaren Experience ARTURA Tour」へと参加させていただいたので、車両について紹介したいと思います。

Next