競艇 住之江 リプレイ。 住之江競艇場の特徴や予想・オッズ情報、ライブ動画やレース結果

出場選手のなかで、当地勝率が最も低い6号艇・永井選手が2着 以上のように、荒れたレース展開になったことから予想が大きく外れ、高配当が出たと言えますね。 グランプリシリーズ戦とは? グランプリシリーズ戦とは、1986年に創設されたSGの1つ。 ここで、1 号艇の 石野貴之選手と2号艇の 桐生順平選手のトップ争いに! しかし、2マークを 石野貴之選手がトップ旋回し、 桐生順平選手は届きません! 2周1マークで、 4号艇の 白井英治選手と5号艇の 瓜生正義選手が接戦の3番手争いを繰り広げます。

Next

さらに、 2号艇の 桐生順平選手がバックストレッチで上がってきます。

Next

また、グランプリが開催される競艇場は、ほとんどが大阪住之江区の住之江競艇場。

Next

馬場選手は、2018年のチャレンジカップに続く2回目のSG優勝を上げています。 まぁこればかりは運なので仕方ありません。 結果はなんとびっくりの199%。

Next

そして、第3戦では4枠から「まくり」を決めたことで逆転でトップ通過を果たし、 優勝戦では1枠を獲得します。

Next

住之江競艇場での選手情報では、部品交換などと一緒にこのライナー調整の情報も発表されているんですよ。

Next