ドラマ 天国 と 地獄 最終 回。 天国と地獄 〜サイコな2人〜 10話(最終回) 感想|運命から逃れられない2人

警察組織内にいる五十嵐にしてみれば、数多くの事件にかかわる中で、「法では裁けない犯罪」が存在することを認識しています。

日高陽斗の記憶喪失の一件を優菜(岸井ゆきの)から聞いて、それを心配した父の満(木場勝己)が、一度実家(福岡)に来るよう日高<彩子>に連絡。 。 先行していた鑑識課の新田将吾(林泰文)に話を聞きます。

とは言え、2人ともパニックにもならず、彩子の身体の日高が『取りあえず、今お勤めどちらですか? そこで集めた手袋を鑑識に持ち込みます。 音楽:高見優• 最後はまた入れ替わったのか、不思議な余韻でしたが、それぞれが納得できる答えに行き着いてホッとしました。 それを、たまたま彩子が貰い受けていました。

Next

清掃業をしていた東朔也は、十和田の漫画を見て殺人を思いついたのでは・・。 勘ぐりすぎでしょうか。

Next

……湯浅(東朔也)と陸は福岡にいます。

Next

その夜が新月という日、熱があると言って自宅待機の欠勤を申し出る彩子。 『天国と地獄 ~サイコな2人~』最終回(第10話)の感想 河原は腹黒いだけに捜査一課への返り咲きと手柄を立てたい気持ちばかりだけに、日高と彩子と亡くなった東を極悪非道と仕立てあげる策略をするのかと予想していましたが、まさかの正義を重んじた行動をして彩子の日高を無罪放免にしようとする警察官としてダメな行動を正そうとしていたとはビックリさせられ、最終回で河原がカッコ良すぎた刑事になるとは予想が出来なかったと悔しくなりました。 東には、幸彦の殺害動機が存在しています。

Next

日高はサイコパス!やっぱり説 東朔也ではなく、日高自身がやっぱりミスターXであり、真犯人でしょう! そう考察しています! 弟の日高や弟子である陸をあれだけ想える人がサイコパスな殺人鬼であることにあまり納得できないからです。 今期もっとも話題になった作品の1つでもある『天国と地獄』。 八巻の大手柄です。

Next