バキ 外伝 烈 海王。 【バキ】烈海王が異世界転生で復活!?1巻(1~8話)のネタバレ感想|内部反乱あり!?色々な意味で衝撃の一作!!

コカトリスの邪眼(イビルアイ)には 睨まれるだけで人によっては死に至らせる力があり、 さらにその血に触れるだけで相手の皮膚を溶かす猛毒。

Next

既に烈の精神は闘争へと向いているのであった。

Next

バキ世界フィジカル最強のピクルに匹敵するとはリザードマンの戦力をかなり高めに見積もっている。 次のシーンでそのゴブリンと出くわす、 不幸な男女二人が描かれる。 リザードマンの肉体の強靱さはピクルに匹敵するのかもしれないと烈は読む。

Next

なんと、切り落とした首が再生!!? しかもさらに強靭な肉体となって烈に襲い掛かる!! そんな絶体絶命のピンチ、しかし烈は笑う。 野人戦争(ピクル・ウォーズ)編 [ ] ピクルに興味を抱き、彼のいる在日米軍基地に「夜這い」を行うなどの執着の末、ピクルの「餌」として戦うことを光成に志願する。

」 「異世界は、実にいい遊園地じゃないかッッ!!」 亜人、チートスキルの転生者あがくもの、 そして魔物・・。 「海王」とは、作中世界で拳法の達人に与えられる称号であり、彼以外にも何人か「海王」が存在するが、烈海王はその中でも群を抜いて優れた拳法家である。 プロモーターのカイザーと出会い、彼が用意する強敵に惹かれ、アメリカへ渡る。

Next

その相手として、横綱は理想の相手だ。

Next

」 1271回 地下闘技場戦士vs大相撲力士の6連戦の大将戦が開始(はじ)まろうとしている。 その悶々とした日々の中でシンジはドイルを救うべく川を走る烈を見かける。 中国拳法の歴史とその成果に対する絶対的な信仰を持っており、登場初期は他の格闘技を見下す傲慢さが目立ったが、次第に角が取れ、義理人情に厚く面倒見の良い好漢としての面が見られるようになった。

Next

【烈海王の異世界マンガ】「9〜16話」を読んでみた率直な感想。

Next